石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電

最近では非常に多くの企業で太陽光発電を設置しており、エンドユーザーに好印象となっています。
つまり直接的な経済効果はあまり見込めませんが、間接的な経済効果が見込められるのです。 日本国内ですと、太陽光発電を設置するのに適した地域が本州の中心にある静岡県、または愛知県と言われています。
年間を通して温かい地域でもあり、さらに晴れが多いことからその分発電量が多くなっているワケです。太陽光発電というのは当然のことなのですが太陽の光を利用することで電気を作っていきます。
そのような特性上、南の地方ほど発電量が多くなるというイメージを持ってしまいますが決してそういうワケではありません。

 

非常に暑い地域だからこそ太陽光発電の威力を発揮するワケではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大きな差はありません。
つまりこのことから極端に暑ければ太陽光発電の効果が向上するということではありませんのでご注意ください。

医師 転職
医師 転職
http://www.doctor-ranking.jp/



石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電ブログ:09月12日

主人が仕事を辞めることになりました。
見かけによらず、責任感が強く慎重な主人にとっては、
悩み悩んだ末の思い切った決断のようです。

「仕事やめたいなぁ」と最初に言い出してからは
2〜3年は経っているような気もします。

「あと1年、あともうちょっと…」と言いながら
夜更け遅くまで働き続けてきた主人も遂に限界がきたようで、
今年に入ってようやく「区切りつけるわ」と
自分から言ってくれました。

家内の立場としては、
連日真夜中遅くまで働きづめで、
疲れ果てていた主人を見ていたので…

ホッとした気持ち半分と、
これから先がハッキリ決まっていない状態で
仕事を辞めるなんて本当に大丈夫なんだろうか?という気持ち半分です。

ただ、将来の不安を感じながらも、
わたくしはやっぱり、よかったなぁ…という思いが一番です。

主人の決断までの流れをみてると、
そういえば、わたくし自身も自分がなかなか決められない性格で、
昔長年務めた職場を辞める時も何年も悩んだよなぁ…と
いうことを思い出します。

でも、辞める前にあれだけ心配して悩んだわりには、
辞めてからは何事もなかったように流れていくので、
「なんでわたくしはあんなことであんなに悩んでいたんだろう?」と
不思議に思うんですね。もっと早く決断すればよかった…って。

主人も、自分で「区切りをつける」と言い出してから、
随分いろいろなプロセスがあったように思います。

主人は、今を楽しむということやチャンスに恵まれてるということでは、
わたくしよりもよっぽど強いと思っていたけれど、
やはり主人にも主人なりの恐れは一杯あるようです。

でも、ひとまず「お疲れさまでした」ですね。


ホーム サイトマップ