太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

現在注目されている太陽光発電は100%自然再生エネルギーを使用した電力供給方法となります。
地球が誕生する以前から降り注ぐその太陽の力は、まさに最強の自然再生エネルギーと言えるのです。 太陽光発電は、そのシステムが正常に可動して太陽光がある限り、永久的に使用をすることが出来るものとなります。
限りのある石油などに変わる自然再生エネルギーとして、日本国内だけに限ったことではなく世界的に注目されているシステムなのです。太陽電池というのは電力を蓄えておくことの出来る電池とは根本的に異なっており、太陽エネルギーを電力に変換するものとなります。
その太陽電池というものを、太陽の光が当たる場所に置き、そこで作り出した電力を使用するのが太陽光発電となります。

 

太陽電池というのは別名でセルとも呼ばれ、単純にセルの範囲が大きいほど太陽光を浴びることとなる範囲も大きくなるのです。
このことから作り出す電力が必然的に多くなりますし、太陽光が強ければ強いだけ、電力も強くなります。



太陽光発電の普及支援は絶対に利用しようブログ:07月14日

わたしは物心ついた頃から、お母さんとだけは
学校のこと、好きな人のこと、将来のこと…なんでも話してきたし、
その関係は今でも変わらない。

しかし、親父との関係は全く違う。
わたしの親父は非常に寡黙で、それでいてとてもシャイ。

わたしが小学生の頃ですら、
親父とはほとんど口をきいた記憶がないし、
怒られたり褒められたりした記憶もない。

幼い頃は、
わたしに対する親父の無関心な態度を当然のように感じていたが、
わたしも思春期を迎える頃には
そのような親父の姿勢に疑問を感じるようになった。

そこで、お母さんに
「なぜお父さんと結婚したの?」と尋ねたことがある。

するとお母さんは、
「結婚したときはもっとおしゃべりだったんだよ!」と、
諦めの気持ちが半分見え隠れするような笑顔でそう答えた。

親父は、わたしのことが好きではないのだろうか…

学生時代、わたしは池袋で一人暮らし。
大学一年の夏休みに帰省した時…

久しぶりに実家のドアを開けて驚いたことがある。
あの親父が、満面の笑みで「おかえり」と声をかけてきたのだ。
これは事件だった。

わたしはなんだかむず痒い気持ちになって、
少々ポカンとしていた。

親父がその場を去ったあと、
お母さんが「お父さんの書斎を見てごらんよ」と
にやにやしながら声をかけてきた。

親父の書斎をこっそりのぞくと、
わたしが通う大学から送られてきたであろう大学情報誌や学部報が
机の上に積まれていた。

その光景を見て、
わたしはなんだか心が締め付けられるような思いがした。

久しぶりに実家に帰ってきた
娘の姿を見て満足そうに微笑む親父の姿を見て、
わたしからも父に歩み寄ってみようという気になった。

ホーム サイトマップ